革遊びHARUHINO

0742ー26ー5517

営業時間 : 10:00~19:00 木曜定休

20160721-172733

今、奈良が熱い。令和初の実りの秋、お財布の新調は令和ゆかりの奈良財布で!


年々賑わいが増す奈良

奈良といえば、古都としては京都のように華やかなイメージはあまりありませんが、国内はもちろん、年々海外からの観光客も増えています。奈良市街のメインストリートを歩くと、老若男女、国籍問わず、本当にたくさんの観光客で賑わっているのがわかります。

また、たとえ華やかさ煌びやかさが少なくても、その素朴さ、奥ゆかしさ、ありのままの自然がとてもいいとおっしゃっる方々も多くいらっしゃいます(私自身もそう思っています)。

20160721-175009

そして今、奈良がさらなる注目を集めるようになってきています。それは、新元号「令和」の由来からです。

「令和」は万葉集の一節から引用されていて、ご存知のように、奈良は万葉集と大変ゆかりの深い地です。新元号「令和」が発表された直後には、奈良の明日香村(飛鳥)にある奈良県立万葉文化館に、全国から多くの人が訪れました。

JR東海も今、奈良推しですね。

奈良の観光おすすめ情報が満載! | うましうるわし奈良 | JR東海

奈良おすすめ名所の観光・旅行情報まとめ | わたしならTRIP | JR東海

Google検索でもトップに! 奈良の財布といえばHARUHINO

20170626-022628

そして今、Googleで「奈良 財布」「奈良 革」「奈良 レザー」と検索すると、HARUHINOがトップに表示されます。ありがたいことに、創業から5年で「奈良で財布といえばHARUHINO」「奈良でレザークラフトといえばHARUHINO」というのが定着してきました。

つまり、令和といえば奈良、奈良の財布といえばHARUHINO……というわけで、この記念すべき令和最初の実りの秋、お財布の新調に、HARUHINOのお財布を、自信を持っておすすめいたします。

ずっと長く使える奈良財布

20181127-163758

 

合成皮革やフェイクレザー等と違い、本革製品の特徴は、なんといってもずっと長く使えること。持ち主の生活に溶け込み、持ち主と長い年月をともにすることで、その人らしい持ち味に育っていき、愛着が増していく……、それが革製品の醍醐味であると、HARUHINOは考えています。

ですので、HARUHINOは素材選定や製法に妥協はしません。手作りの本当にいいものを、一人でも多くのお客様に届けるために、お手頃プライスでご提供しています。

手縫いの製品にかぎっては、永久無料保証も実施しています。

ずっと長く使える奈良財布は、新たな時代のお共にうってつけ。ぜひ、令和初の実りの秋に、令和の奈良財布、HARUHINOの革財布を手にしてみてください!

HARUHINOのお財布の販売はこちら